よくわかる生命保険見直し講座 #1 保険の特長

人生五大支出は何か、ご存じでしょうか。
住宅資金、教育資金、老後資金が三大支出ですが、あと2つはマイカーと保険と言われています。
コロナ禍もあり、家計を見直されている方も多いと思いますが、大きな支出削減のためにはこの五大支出から見直すことがセオリーです。

その中で私の事務所にお問い合わせが多い「生命保険の見直し」について、基本ポイントをシリーズでお伝えしたいと思います。(原則、毎週水曜日の午前中にアップする予定です)
皆さまの豊かな生活の一助になりますと幸甚です。

なお、初めにお伝えしておきますが、私は大手生命保険会社に28年勤務しました。営業、教育、企画などを経験し、CFP、宅建士などの資格を保有しております。
今は独立してこのコンサルタント事務所「ライフサポーター日本」を経営していますが、いずれの保険会社とも代理店契約を結んでおらず、従って中立の立場でアドバイスができます。
どうかご安心してご一読ください。

なお、保険には分類として3つあります。
1つ目は生命保険、2つ目は損害保険。そして3つ目はそのどちらにも属さないとされる第三分野の保険で、医療保険や傷害保険、介護険などがこれに当たります。私はどちらにも属すると解していますが。
現在の保険会社は、グループになったり子会社や代理店になるなどの方式で、どの分野の保険も取り扱っているのが一般的です。
この講座ではその中で最も支出が大きい「生命保険」を取り扱います。

さて、生命保険を説明する前に、前提となる「保険」について考えてみましょう。
「保険」とは何でしょうか。簡単に説明すると、「多数の人が少しづつ拠出した資金から、万が一が起こった人に給付を行い、助け合う仕組み」です。「万が一への備え」とよく言いますね。
保険の細部については追ってお話しするとして、「万が一の備え」ならば「貯金」してお金をためておけばいい、という人がいます。実際に、貯金をしている人は普通に多いですよね。その通りで貯金にも万が一に備える機能があります。

しかし、保険と貯金では明確な違いがあります。図を見ていただきたいのですが、「貯金は三角、保険は四角」という有名な言葉があります。これこそが保険の最大の特長を言い表しており、貯金は少しずつ貯めていけばいつかは目標に達しますが、貯まる前に万が一が起こったら資金不足となり困ることがあると思います。対して保険は契約すればその日から、万が一の場合は目標額が保証されます。四角の上半分の逆三角部分が保険の保険たる所以なのです。

これは保険を正確に理解する上でとても大切ですし、保険の見直しの考え方の根本でもあります。ぜひ、押さえておいていただきたいと思います。

#ライフサポーター日本 #よくわかる生命保険見直し講座 #保険 #生命保険

安否確認サービス(電話/週2)

anp0000000012

電話にて安否を確認するサービスです。

週2回、指定曜日に電話をいたしますので、ご応答ください。
ご応答なき場合、数時間後にもう一度お電話いたします。
それでもご応答なき場合、指定の連絡先に連絡、または通報します。

料金は週2回(月8回強)で月6,500円と安価で、電話に出ていただくだけです。

遠方に住むご両親の見守りにも有効です。

なお、料金につきましては、開始時も解約時も月単位計算とさせていただき、日割り計算はいたしません。
恐縮ですが予めご了承ください

安否確認サービス(電話/週1)

anp0000000011

電話にて安否を確認するサービスです。

週1回、指定曜日に電話をいたしますので、ご応答ください。
ご応答なき場合、数時間後にもう一度お電話いたします。
それでもご応答なき場合、指定の連絡先に連絡、または通報します。

料金は月3,500円と安価で、電話に出ていただくだけです。

遠方に住むご両親の見守りにも有効です。

なお、料金につきましては、開始時も解約時も月単位計算とさせていただき、日割り計算はいたしません。
恐縮ですが予めご了承ください

 

安否確認サービス(メール/週2)

anp0000000002

メールにて安否を確認するサービスです。

週2回、指定曜日にメールをお送りいたしますので、3時間以内に返信ください。
返信なき場合、お電話にて確認します。
それでも確認できない場合、指定の連絡先に連絡、または通報します。

料金は週2回(月8回強)でも月3,500円と安価で、煩わしさもあまりありません。

遠方に住むご両親の見守りにも有効です。

なお、料金につきましては、開始時も解約時も月単位計算とさせていただき、日割り計算はいたしません。
恐縮ですが予めご了承ください

 

安否確認サービス(メール/週1)

anp0000000001

メールにて安否を確認するサービスです。

週1回、指定曜日にメールをお送りいたしますので、3時間以内に返信ください。
返信なき場合、お電話にて確認します。
それでも確認できない場合、指定の連絡先に連絡、または通報します。

料金は月2,000円と安価で、煩わしさもあまりありません。

遠方に住むご両親の見守りにも有効です。

なお、料金につきましては、開始時も解約時も月単位計算とさせていただき、日割り計算はいたしません。
恐縮ですが予めご了承ください

 

中国恒大の影響

本日(9/21火)、日経平均株価は前週末比660円34銭(2.17%)安の2万9839円71銭と大幅に下落、3万円を下回りました。20日のNYダウ614ドル安等、世界的な株安の連鎖によるもので、主因は中国の不動産大手中国恒大の債務懸念。負債総額は約33兆円、23日以降に社債の利払い日が相次ぎ、デフォルト(債務不履行)になった場合、中国の社会、金融が不安定になる、と言われています。

個人投資家の皆さんが注意すべきポイントは二つです。

1つめは、ヘッジファンドの売り仕掛けに注意することです。

中国恒大問題はリーマンショックの中国版だとの報道もあり、課題の構造が似ているため過去の大暴落を想起しやすいと言えます。こういう時、大手の外資ヘッジファンドは容赦なく売り仕掛けをしてきます。一般人の心理を読み、動くわけですね。資金が膨大なため、下落方向に大きく動かせ、そこにパニック的な一般の売りが加わると底なし沼的な状況になってしまいます。

うまく売りから入ってヘッジファンドの銘柄に乗れればいいですが、少なくても巻き込まれないような手を打つことが大切です。海外の影響があまりない国内銘柄は結構あると思いますし、直近ではコロナの感染者が減ってきていますので、アフターコロナ銘柄と言われている観光や飲食の大きく下がっているものはお勧めです。

2つめは、中国政府の発言をウォッチすることです。

この 中国恒大問題は、中国国内への影響が海外よりもはるかに大きく、故に中国政府がどう出るかによって今後の影響は大きく変わります。

もし、何らかの方法で救うメッセージを出せば、株価は直近の水準に急ぎ戻ることが予想されます。元に戻る前なら買い場ですね。

反対に倒産やむなし、または何らのメッセージも出さない場合は暫くこのまま世界全体で株価が下落し、特に倒産時にはリーマンショックの再来となる可能性があります。

但し、アメリカの巨大金融企業と中国の大手不動産企業では、世界への影響度に大きな差があることを忘れないで欲しいと思います。

また、日本市場は23日は祝日ですのでそれも念頭に投資戦略を組み立ててください。

元気になるストラップ「Never Give Up!」

stp0000000001

成功の秘訣は、決してあきらめないことです。人生には障害がつきものですが、あきらめればそこで終わりです。成功するまで続けること、それが成功にとって一番大切なことです。

Never Give Up! この言葉を刻み込んだストラップをいつも身につけ、苦しいときに見てください。
コロナ禍、応援のため、定価の半額で提供いたします。
頑張りましょう!